素材へのこだわり。  国産無垢材への回帰。
たとえば 多摩産材
私たちの仕事で一番重要な自然素材「木」を改めて見つめ直しました
東京に建てる家には東京の木。  
ウッドマイレージCO2を低く抑えます
環境負荷・品質を考えた素材選び  地域産業の活性化に貢献します
東京・多摩産の檜・杉材を 積極的に家創りに採り入れ、東京の森林資源の活用と林業・関連産業の育成に貢献しています。
耐久性・経済性に優れ、環境にやさしい無垢材の活用=脱合板、 端材・樹皮・木屑の農業・酪農業への利用を図っています。
本社 B工房 / 資材倉庫
左:西多摩産の檜・杉の原木。 自社で4寸角強に製材し、工房で修正・刻みの加工を行います。低温乾燥・バイオ乾燥にも対応します。
右:カナダより直送の米桧葉材、砂川の欅、栗・黒檀・紫檀・花梨等の化粧材・構造材、旧家解体で出た古材等を保管しています。
本社 A工房 / ストック・ヤード
左:本社 A工房。木材の墨付け・刻み・超仕上げ加工等を行います。 第二工房では自然乾燥・製材・加工を行っています。
右:西多摩産の檜・杉の手刻み用4寸角(当社住宅標準)材。 この後に墨付け・刻み加工を行い、建築現場に搬入されます。
              
建築用その他木材の端材
貴重な資源である木材ですが、端材のうち、形状や大きさによって、保存や利用が難しい場合は廃棄処分となります。
環境への配慮と、資源の有効利用の一環として、建築用及びその他木材の端材をご希望の方にお分けしています。
主な取り扱い材の目安
120mm×120mm ≧ 210mm×300mm ≧ 210mm×40mm ≧
120mm×120mm ≧ 300mm×60mm ≧ 120mm×120mm ≧
檜葉 120mm×120mm ≧ スプルス 150mm×30mm ≧ 105mm×105mm ≧

その他 花梨、 楓、 黒檀、 紫檀、 タガヤサン、   ブビンガ、 イペ、 ウリン、 インドネシアンローズウッド、 アジアンウォールナット
端材の有効利用のため、木材の寸法・形状・様態・在庫は安定していませんのでご了承願います。
当社機材及び可能な範囲の加工・仕上げも承ります。 詳しくは こちら からお問い合わせください。
HOME E-MAlL